在庫不要でネットショップをオープン「ドロップシッピング」を始めました。

スポンサーリンク
dropless

ネットショップ作成の勉強をかねて、今回ドロップシッピングを始めることにしました。

今日は、このドロップシッピングとは何ぞや?ということについてご紹介します。

こんばんは。にせぽたです。

前回作成したサイトが安定的な収入(といっても微量ですが)を上げてきたので、今回新たにサイトを作成することにしました。

前回のサイトはアドセンスで収益を上げるサイトでしたが、収入減を一本に絞るとアドセンスのアカウントが停止させられた際に、収入が途絶えてしまうのでリスクヘッジを兼ね、今回は「ドロップシッピング」のサイトを作成することにしました。

ドロップシッピングとは何ぞや?

という方もいらっしゃるかもしれませんので、簡単にドロップシッピングを説明しますと、

ドロップシッピングは「在庫を持たないネットショップ」です。

どうゆうことかといいますと、ドロップシッピングは自分のサイトで商品を紹介して、お客さんがその商品を購入すれば、そのお礼としてバイヤーからマージンを受け取る仕組みとなっています。

 アフィリエイトと仕組みは似ていますが、ドロップシッピングは「還元率」が全くことなります。

国内大手のアフィリエイトサービスである「楽天アフィリエイト」では、報酬を獲得しやすい反面報酬は1%~とかなり低いです。

そのため、還元率が1%ということであれば、自分のサイトで100万円売上げても報酬はわずか1万円です。

オンラインショップの平均的な成約率はPV数の1%と言われています。

そのため、1万円の収入を得ようと思えば、仮に5,000円の商品を販売する場合は、最低20,000PV必要といえます。

PV数を30日で割ると、一日当たり660PV以上必要となります。

 つまり、最低でも一日当たり660人の訪問者が確保できるサイトでなければ、1か月1万円の報酬を楽天アフィリエイトで得ることができないということになります。

これは、はっきり言って難しいです。

かなり内容が充実したサイトでないと、これだけのPVを集めることはできません。

本業の片手間でやるには、かなりハードルが高いです。

ただ、ドロップシッピングは違います。

先程もありましたが、ドロップシッピングは自分で商品の価格を設定することができます。

そのため、5,000円の商品でも利益率が20%で設定されている場合もあります。

(まぁ利益率が高い=なかなか売れないということですが。)

つまりは、先程のように月1万円の収入を得たいのであれば、販売価格5,000円(利益率20%)の商品を「たった10個」販売すれば達成することができます。

10個販売するということは、1,000PVあれば達成する可能性が高くなるということになります。

一日33PV…これならなんとかなりそうな気がしませんか?

私のブログでも、現時点で一日30PVなので(少ない…)、根気よくその販売したい商品を紹介すれば上記の目標額に達成することも可能かもしれません。 

…と話がそれましたが、そんなわけで私もドロップシッピングを始めることにしました。

ドロップシッピングは国内でも大手の「もしもドロップシッピング」と契約しました。

もちろん登録は無料です。

もしもドロップシッピングはこちら

ただ、冒頭にもあったようにネットショップを一から作成するなんて時間、私には全くございません。

なので、サイトのフレームはテンプレートを使うことにしました。

いろいろ調べたところ「ドロップレス」というツールが、よさそうです。

なので、こっそりと「ドロップレス」を購入しました。

嫁?にばれたら大変ですので、あくまでこっそりと…です。

次回は、ドロップレスを使ってみた感想と、作成したサイトを紹介したいと思います。

もしドロップレスに興味があれば、以下から詳細を確認できます。

ドロップレス

ID入力で商品ページ自動生成!もしもドロップシッピング×ワードプレス SEO対策済最強テンプレート「ドロップレス」携帯サイトも自動生成!

それでは、今日はこの辺で~( ^)o(^ )

スポンサーリンク
ブログランキング

ブログランキングに参加しています!


にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>