ドロップレスでネットショップ作成~導入編~

もしもドロップシッピングのAPIを利用して簡単にネットショップを開設できるワードプレステンプレートの「ドロップレス」ですが、ちょっとした不具合(といっても自分のミスですが…)のため、一からインストールしなおすことにしました。

なので、この機会にドロップレスを利用したネットショップの作成方法を備忘録として掲載していきます。

気まぐれで書くので、ちょくちょく内容が飛びますが、そこはご愛嬌で

では早速スタート!!

①.ドロップレスをサーバーにアップ

ドロップレスの圧縮ファイルを解凍します。

解凍後、フォルダーがいくつか出てきますので、それをマニュアルの指示通りにFTPクライアントを使ってサーバーにアップロードしていきます。

②.「ドロップレス」テーマを適用

  1. ワードプレスの「外観」⇒「テーマ」を選択
  2. 「DROPPRESS」を適用
  3. 「プラグイン」⇒「インストール済みプラグイン」ですべてのプラグインを有効化する。

これで、ほとんど導入は完了です。

③.もしもAPIのコードを入力

  1. 「プラグイン」⇒「インストール済みのプラグイン」を選択
  2. 「Moshimo-API Plugin」を有効化
  3. 「設定」⇒「Moshimoの設定」をクリック
  4. もしもAPIキー・もしもショップIDを入力

もしもAPIキーの調べ方

  1. もしもドロップシッピングにログイン
  2. 「ショップを管理する」⇒「もしもAPI β版」をクリック
  3. ページ中段に「もしもAPI認証コード」が表記されているので、それをメモ

もしもショップIDの調べ方

  1.  もしもドロップシッピングにログイン
  2. ページ上部のナビゲーションにある「ショップを管理する」⇒「登録情報変更」をクリック
  3. ページ上部に「アカウント情報の確認」があるので、そこに表示されている「ショップID」をメモ

④.導入完了

上記の工程で、とりあえずドロップレスの導入は完了。おつかれさまでした。

馴れれば10分くらいで1つネットショップをオープンできます。

次回は、このままでは味気がないので簡単なカスタマイズをご紹介します。

簡単にネットショップをオープンできる「ドロップレス」の商品ページはこちら

ブログランキング

ブログランキングに参加しています!


にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク