セルフカットでお小遣い節約!パナソニック「 ER5209P-W」でツーブロック風にする方法。

こんばんは。 ニセポタです。

先日購入した、パナソニック「 ER5209P-W」 で早速セルフカットしてみました。

カットの前に先ずは充電…
カット中に止まったら悲惨ですからね…

そして、セルフカットをより簡単にしてくれるアイテムとして「ハサミ」・「ヘアバンド」を用意します。

pana_barikan_4

pana_barikan_5

こんなのもあれば髪の毛が散らばらなくて便利ですよ。

ヘアバンドは切り分けたい所をブロッキングするのに便利です。
100円で買えるのでセルフカットをするなら持っておきたいですね。

じゃあ早速やってみますか。

ちなみに髪の毛が散乱するので、ケープを使うか風呂場でカットすることをおすすめします。水場でもER5209P-Wは防水なので安心ですね。

①.まずは、髪を洗ってしっかりと乾かしておきます。

②.次にヘアバンドを頭から被りパイナップルのごとく髪を逆立てます。

※ツーブロックなので、短く切りたい所と長く残したい所をクシで分けます。

③.スライドアタッチメントの「40mm」をセットして、ヘアバンドの下側を音が小さくなるまでザクザクそぎ落とします。

※耳の回りは、手で抑えて餃子の形にするとうまくいきます。もみあげも気にせずやっちゃいます。

④.サイド・バックが切り終わったら、ヘアバンドを外して髪をといて下さい。

⑤.スライドアタッチメントの「70mm」を設置して、全体を刈り取ります。

※ヘアバンドで分けたところは40mmでカットされているので、安心して刈り取って下さい。

※バックに段差ができてしまった場合は「スキ刈りアタッチメント」で段差の部分を上から下に軽く当ててやると修正できます。

⑥.「ナチュラルアタッチメント」に交換して全体を軽くすきます。

※あまりやると穴が開いてしまうので、ほどほどに。

⑦.髪を洗って、飛び跳ねている毛やもみあげの形をハサミで整えます。

以上でツーブロック風の完成です。

ツーブロックは内側の短い毛を定期的に手入れしないと、かなりやばいことになるので、気がついたらバリカンでジョリジョリやるといいと思います。

今回は短いところでも40mmありますので、初めてカットするかたも違和感はないと思いますよ。

お好みでもっと短くしてもらってもいいかも。

すきバサミでは、後ろは怖くて切れなかったですが、バリカンなら何も気にせず一定の長さで切れて便利ですね。

それでは今日はこの辺で~(๑╹ڡ╹๑)

ブログランキング

ブログランキングに参加しています!


にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク