そろそろ子供も生まれるし、毎月の出費について真剣に考えてみました。

こんばんは。

ニセポタです。

嫁様のお腹も日に日に大きくなっていく中で、気になるのは「お金」のこと。

そろそろ子供の為に収支についてしっかりと把握しなければいけないと感じました。

そんなことを考えていたら、ぽんすけさんのブログ「30代前半3人家族の貯蓄とぎりぎり生活」で、【毎月の出費計画】というエントリーがありました。

やっぱり子供が生まれると、出費も計画的にしていかなければいけないよね~

と先人から学んだのでした。

そんなわけで、今日は今後必要となるお金についてまとめてみました。

まとめ方はぽんすけさんのエントリーを参考にさせて頂きました。(笑)

まずは、大体毎月掛かる固定費について、

・住宅ローン返済(35年間)…69,725円

・車ローン返済(残クレ5年間)…18,000円

・太陽光発電ローン返済(15年間)…8,978円

・奨学金(後6年)…13,958円

・通信費(夫携帯電話・機種分割代を含む)…8,000円

・通信費(嫁携帯電話・機種分割代を含む)…8,000円

・通信費(光回線・固定電話)…4,000円

・光熱費(水道・ガス・電気)…10,000円

・お小遣い(嫁・私)…5,000円+15,000円(昼食代を含む)

合計…160,661円

こうやって仕分けてみると、通信費が固定費として大きな金額を占めていることがわかりますね。

2年縛りは来年切れるので、そうなれば格安SIMで通信費を節約しようと思います。


次に積立について、

・投資信託(積立再投資型)…10,000円

・交際費…10,000円

・冠婚葬祭積立…5,000円

・自動車税積立…3,100円

・自動車保険積立…4,600円

・固定資産税積立…12,500円

合計…45,200円

固定費と積立を合算すると、
205,861円

大体これくらいの金額が必要になってきます。

なお収入には、ボーナスを含んで考えてはいません。

ボーナスは会社の成績に左右されるので、あることを前提にしていると、いざ出ないというときには生活が成り立たなくなってしまいますので。

といっても、この試算ではすでに生活が成り立っていない気がするんですが(笑)

なぜなら、この数字には食料品や生活用品、ガソリン代等が含まれていないため、実際はもっと負担が増えるはずです。

毎月15,000円の子供手当がでる事を前提に考えるなら、嫁様には生活費を30,000円以内で抑えて欲しいと思います。

収入については、勤め先では営業目標の達成による表彰(報酬制度)はありますが、残業代の制度はありません。

少しでも収入を多くするために、副業で稼ぎたいですね。

それでは今日はこの辺で~\(-o-)/

ブログランキング

ブログランキングに参加しています!


にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク