あの頃に戻りたいと思う…。「よつばと! 12」を購入しました。

よつばと!新刊が久々に発売されました。

やっぱり癒されますね。

こんばんは。

ニセポタです。

今日、アマゾンでゼブラ STYLUS U3 黒 ATU3-BK をリピートしていると、あなたに「おすすめの商品」に「よつばと! 12 (電撃コミックス)」が表示された。

発売日をみると、3/9になっていた。

まじかよ~ってな勢いで、即買っちゃいました。

アマゾンの「おすすめ」はほんとにお勧め商品が表示されるので、少し怖いくらいです。(笑)

12巻もほんとに圧巻でした。

特にキャンプの回。

一番最後のコマのよつばの一言、しびれました。

この漫画を読んでいる間はよつばと一緒に生活しているような気がしてきます。

この前は、一緒にキャンプに行き、よつば達と遊んでいたんだと。

自分自身にも、似たような経験があるから余計にそう感じるのかもしれません。

ドングリに夢中になったり、寝る直前になってふとさみしくなってしまったり、自分が子供の頃に感じたり、体験したことがこの作品の中には思い出のように詰まっていてそれがすごく心地よくて、懐かしくて、とても幸せな気持ちになります。


忘れかけていた子供の頃の思い出に浸ると同時に、こんな楽しい思い出を残してくれた両親への感謝の気持ちでいっぱいになりました。

また、無邪気に遊ぶよつばを取り巻く大人たちの対応も、なんだか心あたたまります。

自分たちの間に子どもが産まれてくるのはまだまだ先だけど、自分も「とーちゃん」の様な父親になりたいですね。

マンガなんだけど、よつば目線でみると「自分の思い出のアルバム」のようでもあり、「とーちゃん目線」でみると「子育ての教科書」にも見えてくる。

よつばと!はそんな作品だと思います。

あずま先生。新刊楽しみに待ってます。

それでは今日はこのへんで~(・ω<)

ブログランキング

ブログランキングに参加しています!


にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク