ポイント10倍で実質負担は0円以下?大分県国東市に焼酎目当てでふるさと納税してみました!

スポンサーリンク
161002hurusato

こんばんは。

ニセポタです。

先日、タイトルの通り焼酎目当てで「大分県国東市(くにさきし)」に焼酎目当てでふるさと納税をしました。

今回はその報告をしたいと思います。

スポンサーリンク

楽天で「ふるさと納税」は普通のお買い物の感覚できる!

まずは、ふるさと納税について簡単におさらいしたいと思います。

ふるさと納税は、居住地に関わらず様々な自治体に寄附を行う制度です。

寄附金の使い道を予め知ることができ、お礼に地域の特産品などを受け取れたり、税金の控除を受けられるなどの特典もあります。

楽天会員ならお買い物と同じフローで寄附が可能。

地域活性化を支援しながら各地の特産品を楽しめるのが「ふるさと納税」の特徴です。

ふるさと納税を上手に活用すれば「60,000円の寄附をして、58,000円の控除」というように、実質2,000円の負担で地域に貢献でき、お礼の品を受け取ることができる制度です。
楽天市場ふるさと納税

楽天市場では、通常の買い物と同じ感覚でふるさと納税をできるのが特徴です。

去年はふるさとチョイスでふるさと納税をしましたが、楽天ポイントにつられて今回は楽天市場ふるさと納税を行いました。

楽天でふるさと納税をすると、ポイントで2,000円の負担すらなくなる!?

今回ふるさと納税を行った「大分県国東市」ではポイント10倍のキャンペーンを行っていました。←ここ重要!!

ここで注目する点は、ポイントが10倍だという点です。

楽天市場で60,000円の買い物をすると、通常は100円=1ポイントがたまります。

そのため、60,000円の買い物では600円のポイントがたまるのですが、今回のようにポイントが10倍だと、60,000円の買い物で6,000円のポイントがもらえることになります。

先ほどのように実質2,000円の負担になるように、寄付額を調整すれば、ポイントの還元により実質無料、あるいはお礼のほうが寄付額を上回るということになります。

 今回寄付して受け取る予定の品はこちら

冒頭の通り、今回は大分県国東市に30,000円の寄付を行いました。

お礼の品として用意されているのが、本格麦焼酎「とっぱい」(20度)×12本!!!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【ふるさと納税】本格麦焼酎「とっぱい」(20度)の大盤振る舞い!
価格:30000円(税込、送料無料) (2016/10/2時点)

酒好きにはたまらないほどの焼酎の量です。

お礼の品にするくらいなので、きっとおいしいに違いないです!(笑)

先ほどの通り、国東市では現在ポイント10倍なので、30,000円の寄付で3,000円の楽天ポイントがもらえます。

楽天カードで決済すれば、さらに2%ポイントがつきます(笑)

161007kunisakishi

実質タダ、もっと言えば1,000円相当のポイントがもらえて、しかも焼酎がもらえるというわけです(笑)

所得によって控除上限額が決まっているので、一度シミュレーションをしてから参戦することをお勧めします。

しかし、ある程度簡単な手続きもありますが、ふるさと納税はしないよりもしたほうが絶対お得になるのでめんどくさがらずにやってみることをお勧めします。

かくいう私も参戦して2年目ですが、毎回お得な焼酎のお礼がないか探しています。

それでは今日はこの辺で~(^^)/

2016.10.7追記

後日、国東市から寄付のお礼として寄付証明が送られてきました。

そこには、スクラッチカードが同封されていました。

なんでも、有名な神社にて祈祷を施したものだったようですが、案の定予想通りの結果でした。(笑)

161007kunisakishi-2

おまけもくれるなんて、なんとも太っ腹の自治体です。

寄付金はしっかりと自治体の運営に使われているんでしょうか?(笑)

還元率が高すぎてなんだか心配です。

それでは今日はこの辺で~(^^)/

スポンサーリンク
ブログランキング

ブログランキングに参加しています!


にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>