毎月5,000円を積み立てて年利4.1%で運用すると…「楽天資産形成ファンド」を購入しました。

こんばんは。

ニセポタです。

先日、両家の両親とお食事会をして来ました。

この話はまた別で詳しく書きたいと思います。

で、結婚式というイベントが控えておりますが、私の頭は次の段階に進んでおります。

結婚の次といえば…やっぱり「子供」ですね。

子供を一人成人まで育てるには最低1,000万円程度必要というのをどこかで聞いた事があります。

1,000万が一度に必要…というわけではないですが、大学の入学金などは100万単位でまとまったお金が必要になりますよね。

そこで、毎月小額ですが投資信託にまわして「複利の力」でこの入学金を貯金したいと思っています。

複利の力というのは…これはかなり長くなるので、後日ご紹介します。

で、購入した商品は「楽天資産形成ファンド」にしました。

今回、リスクも少ないと思われる、ミックスアセット型の「楽天資産形成ファンド」を積立購入しました。

積立設定時に支払い方法を「楽天カード」に設定しておけば、毎月12日に自動で積立額が引き落とされるので、「入金の手間」や「入金忘れ」も防げて便利です。

なぜ、ミックスアセットはリスクが少ないというと

今は「アベノミクス」で日経株価が毎日上昇を続けておりますが、その前はどん底の状態でした。

当然、日本株一本に投資をしていた投資家はかなりの赤字を抱えていたかと思います。

ミックスアセットは、運用資金を「日本株、海外株、円債、外債、短期金融商品等」に分配して投資する商品なので、上記のようなリスクも軽減することができます。

ちなみに、素人が分散投資をやろうとすると、かなりの資金力が必要(小額を分散してもリターンが少ないため)、かつ管理が大変なので片手間では到底出来ない…と思います。

投資信託は、一般の投資家から資金を集めて、「プロ」が運用してくれますので、ある意味でリスクも少ないかと思います。

また、楽天資産形成ファンドは購入費用は「0円」、つまりタダなわけであります。

じゃあどうやって資金を運用するプロは稼ぐのか?

というと、「信託報酬」を投資家から受け取ってプロは飯を食っています。

この楽天資産形成ファンドの場合は「0.525%」の信託報酬になります。

公表されているデータでは、年率は3年で「4.10%」ですので、長期で運用すれば赤字になるということも少ないかと思います。

ちなみに、毎月5,000円を投資に回して年利4.1%で19年間運用したとすると、計算上では以下のようになります。

元利合計:1,745,337円

うち元本総額(投資額):1,140,000円

利息(運用益):605,337円

利益率:53.09%

上記の金額には税金や、信託報酬が含まれていませんので、これよりは少なくなります。

でも、毎月5,000円をコツコツ貯めることを19年間続けると、利息が60万もつくなんて今の預金利息では考えられませんね。

これが冒頭話した「複利の力」です。

しかし、元本割れのリスクもあります。

私はそれが怖いので、投資先を分散させる「ミックスアセット型」を購入しました。

なんでもそうですが、世の中
知らないと「損」することがたくさん有ります。

投資信託は長期運用することが肝心なので、20代から将来のことを考えて今から毎月5,000円でも投資にまわしてみませんか?

それでは今日はこの辺で~(・ω<)

ブログランキング

ブログランキングに参加しています!


にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク