借金してでも買いたい!太陽光発電投資ファンド(第2号)を追加購入しました。

タイトルの通り、以前購入した太陽光発電の投資先が、第2号の分譲を開始したため、借金をして追加購入しました。

まだ1号の売電がスタートして間がないですが、来年度の太陽光発電の電力買い取り金額が大きく下がる可能性があるため、今年度の買い取り金額が確定している内に思い切って買ってしまいました。

今回は、3口購入しました。

1口65,000円の為、195,000円の投資となります。

ちなみに、今回は手元のお金がなかったので、カードローンを併用して購入しました。

ローンの試算をすると、以下のようになります。

■システム購入費:195,000円

・手持ち資金:45,000円

・ローン:150,000円

■ローン金利:14.5%

・日割り計算:150,000円×14.5%÷365=59.6円

・毎月1万円つづ返金した場合、金利総額は27,714円(15か月)

■一日の売電額(年平均期待値):67円

結論

月1万円づつローンを返済しても、売電量の方が金利を上回ることができるので、購入しないよりも、購入した方が将来的にリターンが期待できる。

売電効果は20年間なので、投資額の回収は発電シミュレーションからおおよそ【9年(7.9年(元金分回収)+1.1年(金利分回収))】との試算ができます。

9年以降の発電はすべて不労所得になる計算です。

もちろん、天候や機器の故障などのリスクがあるので、上記のとおりにはならないかもしれません。

ただ、10kW以上の太陽光発電システムの場合、不動産投資と同様に流動性はないものの、安定的な収入が期待できます。

そのため、機会があれば「借金をしてでもキャッシュポイントを増やす!」を意識しながら投資を続けたいと思います。(生活を圧迫しない程度で…)

…投資先の話では、5号基の造成を現在しているとのことなので、それぞれ何口か購入するかもしれません。

今回の取引内容と予想配当金

購入数:3口

平均取得額:65,000円

投資額:195,000円

予想支払額:1口あたり8,153円×3口=24,459円

振込手数料を差し引いた実質の支払額:24,459円-1,000円=23,459円

——————————————————————————–

予想利回り:12.0%(期待値)

余談

現在稼働している1号機は、12月に連系を開始したので、まだまだ1日の発電量は大したことはありません。

今から春先が楽しみです。

それでは今日はこの辺で~(*^。^*)

ブログランキング

ブログランキングに参加しています!


にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク