パナソニック太陽光発電4.02kWシステムを設置する事になりました!

スポンサーリンク
150421taiyoukou

いよいよ戸建にした「意味」が出てきました。

というのも、仕事柄「太陽光発電システム」を取り扱ってはいるんですが、

プランをお客様に提案するときに

「あ~これだったら絶対元が取れるな~」

「太陽光発電をつける家(所有物件)があっていいな~」

 

とずっと思っていました。

最初家を買うときも、マンションか戸建で迷っていましたが、マンションだと太陽光発電がつけられないのがマイナスポイントだと感じていました。

結果的に実家の近くに新築の安い戸建が売りに出てたということもあって一戸建てになりましたが、

「折角一戸建てを買ったんだから、すぐに太陽光発電を設置したい」

という気持ちが日増しに募っていきました。

という訳で、新居にも慣れてきたのでいよいよ太陽光発電システムの設置に向け始動しました。

まずはメーカーの選定が重要。

折角設置するんだから、「いいもの」をつけたい。

後で、やっぱりこのメーカーは何か違う!と思っても家の設備なのでそうそう簡単には変更できません。

ちなみに太陽光発電でいう「いいもの」とは、

「しっかり発電して」・「保証期間が長いもの」

と私は思います。

しっかり発電とは、太陽光発電は太陽が出ているときにしか基本的には発電しません。

「基本的には」というと、「いいもの」になると薄曇りでも発電が出来るといった特徴があります。

このメリットは毎日晴れの日が続くわけではないので、曇りの日でも発電が出来れば年間発電量を多く稼ぐことが出来るというメリットがあります。

この条件に合致する商品は「パナソニックHIT」・「ソーラーフロンティア」が挙げられると思います。

この辺の事を詳しく説明すると、これだけで文字数が軽く1,000文字を超えるので、興味のある方は以下のURLからご確認下さい。

⇒パナソニック「発電量トップクラス」(パナソニックのHPに別窓で飛びます。)

⇒ソーラーフロンティア「「実発電量」が高いCIS太陽電池」(ソーラーフロンティアのHPに別窓で飛びます。)

で、私の家はそんなに面積が広くないので、1枚当たりの発電量が多く・変換効率に優れた「パナソニックHIT」を採用する事にしました。

パナソニックは、HIT244αという商品からシステム15年保証が無料で付帯しています。

これも調べると、大体のメーカーのシステム保証は10年。

オプションとして15年の保証期間に延長できるメーカーもありますが、有償です。(しかも万単位でかかる…)

無償でこれだけ長い保証なら安心ですよね?(15年後も恐らくパナソニックはあるでしょうから。)

そんな訳で最終的にいきついたプランは4.02kWシステムになりました。

レイアウトはこんな感じ。

150421taiyoukou (2)

そして年間の発電予測はこちら。

150421taiyoukou (1)

基本的にパナソニックの発電量はシミュレーションよりも多く出る傾向があるので、どれくらいの発電量が出るのか気になります。

さあどういった結果になるんでしょうか?

今から工事日が楽しみです。

ちなみに、私は会社で太陽光発電の取り扱いがあるので「自家使用」ということで多少は安く購入できましたが、一般的にはこれくらいの高額商品になると「相見積り」を行った方がいいです。



相見積をおすすめする理由は、商品自体のスペックは決まっていますが、設置工事が伴う商品なので、会社の提案内容をしっかりと比較する必要があるからです。

この話については、また別の機会にしたいと思います。

それでは今日はこの辺で~ヽ(^o^)丿

スポンサーリンク
ブログランキング

ブログランキングに参加しています!


にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ラクガキ より:

    最高だね。
    環境にも優しい家だなんて。

    にしても。。。
    文字のモザイクが甘いぃー
    知ってるかあら見えるのかなぁ(汗;

  2. ニセポタ より:

    >ラクガキさん

    こんばんわ~( ^)o(^ )

    コメント有難うです!
    まぁ環境よりも売電収入を目的につけるようなもんだけどね(笑)

    モザイクについては限界に挑戦しました(笑)

    次はもう少し濃くします(笑)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>