太陽光発電の投資先から分配金を頂きました。(2016年1月)

こんにちは。

ニセポタです。( `ー´)ノ

本日7日に北朝鮮がミサイルを発射したようですね。

沖縄付近を通過したとのことなので、お住いの方はとても不安に思われたことかと思います。

このタイミングで発射したとなると、週明けは世界情勢の不安から一層株価が下がりそうです。

先週末に仕込まれた方にとっては「こんなタイミングで…」という感じかもしれません…(´・ω・`)

さて今回は、太陽光発電の投資先から入金があったのでご報告します。

投資先のソーラーパワーインベスメントから初めての入金がありました。

160129taiyou

入金日:2016年1月29日

入金額:14,816円

こちらは、昨年モジュール1枚を65,000円で購入した太陽光発電システムの分配金となります。

当時は2枚購入したため、実際の利回りは以下の通りとなりました。

65,000円×2枚=130,000円

14,816円÷130,000×100=11.39%

毎年このペースで分配金が頂ければ、8.7年で回収ができそうです。

太陽光発電システムの固定買取制度は20年間が保証されているので、運営会社が倒産しない限り9年目以降は100%を超えるリターンが期待できそうです。

少し不安は残るけどね…

ただ、この運営会社には売電量の20%が維持管理費として支払われてしますが、1システムは250枚(50kw)で構成されているため、全体で計算しても「37万程度」しか収入にならないわけです。

ユーザーに対して、分配金の支払いは年に1回としていますが、電力会社から運営会社への入金は毎月発生しているため、運営会社としては経営が危なくなればすぐに資金を回収できるため、運営に関してのリスクは少ないと思います。

現在10号まで販売が完了しているため、単純計算では年間370万円の維持管理手数料が発生することになります。

余剰金をプールできる経営状態かどうかが重要

太陽光発電のメンテナンスといえば、雑草の除去や機器トラブルが発生した際の対処といったところでしょうか。

370万円とは言いますが、実際には税金も発生していると思うので、296万程度の収入になるかと思います。、定年後の電気工事士を一人雇うくらいはできそうですが…

今後の動きに注目しておきたいと思います。

それでは今日はこの辺で~(^◇^

ブログランキング

ブログランキングに参加しています!


にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク